このサイトでは、今人気のヨガ講師になるために取得するべき全米ヨガアライアンスについての情報をまとめてみたいと思います。
ヨガ講師に必ず必要となる資格は無いのですが、これはほとんどの人が取得するものとして知られています。
世界での認知度も高いので、日本に留まらず、将来は海外にもその活躍の場を広げたいと思っている人にも大変有効になります。
これを取得するためのコースもたくさんありますので、自分にとって一番良いコースを選ぶためにも情報収集は怠らないようにしましょう。

全米ヨガアライアンスの資格情報まとめ

全米ヨガアライアンスの資格情報まとめ ヨガ講師を目指す人がまず取得すべきものとして知られているのが、全米ヨガアライアンスの資格です。
この資格は世界80か国以上認知されているため、世界中のヨガを愛する人々の注目を浴びています。
これを持っていることで、自分の専門知識やスキルをアピールすることができるため、就職する際にも有利になりますし、将来独立してレッスンを持ちたい場合などにも役立ちます。
全米ヨガアライアンスの特徴は、まずRYT200というヨガの基本を200時間で学ぶコースがあります。
その上にあるのがRYT500で、より専門性を高めたい人におすすめの資格になります。
講師として自信を持って活躍するには解剖学や生理学など、人の身体の作りなどもきちんと学ぶ必要があるので、実践的な知識を身につけたい人には強くおすすめします。

全米ヨガアライアンスが認定している資格の種類

全米ヨガアライアンスが認定している資格の種類 全米ヨガアライアンスが認定している資格にはRYT200と500、RCYT95、RPYT85、E-RYT200と500があり、それぞれの数字は受講時間を表しています。
RYT200は初心者から中級者のクラスやリラクゼーションを目的としたクラスを担当でき、RYT500は上位の資格でより専門的な知識と技術の取得に加えて、ヨガと共にあるライフスタイルや倫理についても学び上級者のクラスを担当できるようになります。
RCYTはRegistered Childlen's Yoga Teacherの略で、18歳までの子供に安全にヨガを教えることができるキッズヨガインストラクターを目指します。
RPYTはRegistered Prenatal Yoga Teacherの略で産前、産後の女性の特性を理解し最適なヨガの指導を行います。
いずれも全米ヨガアライアンス認定校で定められたカリキュラムを受講すれば認定証が発行され、同アライアンスに申請が行えるようになり受理されると全米ヨガアライアンス認定インストラクターに登録されます。
E-RYT200はRYT200を受講してから2年間の指導経験を積むと登録ができ、養成講座のトレーナーになることができます。
E-RYT500はRYT500を受講してから4年以上かつ2000時間以上の指導経験を積むと登録することができ、上位の養成講座のトレーナーになることができます。

ヨガ講師の資格が欲しい方に

ヨガ講師 資格

新着情報

◎2020/7/14

資格を取得するには
の情報を更新しました。

◎2020/3/16

RYT資格を取るとよい
の情報を更新しました。

◎2019/11/29

アライアンス認定のインストラクター
の情報を更新しました。

◎2019/9/26

資格で活躍の場は増える
の情報を更新しました。

◎2019/6/19

ヨガアライアンスのメリット
の情報を更新しました。

◎2019/5/31

サイト公開しました

「ヨガ アライアンス」
に関連するツイート
Twitter